独立行政法人科学技術振興機構
戦略的創造研究推進事業(CREST)
オンラインゲームの教育利用
なぜオンラインゲームは教育に役立つのか?
日韓国際シンポジウム
2008年12月20日(土)
14:00~17:20(開場13:30)
東京大学本郷キャンパス
福武ホールB2F福武ラーニングシアター
入場無料

Link to English Website

Link to English Website
International Symposium “Online-Games for Education” 独立行政法人科学技術振興機構
戦略的創造研究推進事業(CREST)
オンラインゲームの教育利用
なぜオンラインゲームは教育に役立つのか?
日韓国際シンポジウム

2008年12月20日(土)14:00~17:20 (開場13:30)
東京大学本郷キャンパス
福武ホールB2F 福武ラーニングシアター

日韓国際シンポジウム「オンラインゲームの教育利用」
フライヤー

近年の日本のデジタルゲーム産業では、国内市場の閉塞感の増大や国際競争の激化などに危機感が募っています。しかしながら、いくつかの分野では持続的成長を遂げてきており、その代表がオンラインゲーム、シリアスゲーム(教育・医療・社会政策などに役立つゲーム)、カジュアルゲームなどの分野です。

こうした状況の中、オンラインゲームと結びついたシリアスゲームは、新たなビジネスチャンスを創出すると期待されながらも、その開発コンセプト・開発技術・利用方法そして評価方法は、産業界の課題であると同時に、学術的研究のテーマでもあります。

そこで、独立行政法人科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業(CREST)「デジタルメディア作品の制作を支援する基盤技術」領域(研究総括:原島博[東京大学])では、「オンラインゲームの制作支援と評価」が取り組まれ、その一環として、東京大学大学院情報学環・馬場章グループは、2008年12月20日(土)、「オンラインゲームの教育利用」日韓国際シンポジウムを、東京大学本郷キャンパスにて開催いたします。

本シンポジウムでは、教育を目的としてオンラインゲームを利用し、その科学的評価を行っている日韓の研究グループの成果を持ち寄ります。そして、それを研究者のみならずゲーム開発者や小・中・高校の教師や保護者の方々と共有し、オンラインゲームとシリアスゲームの新たな可能性を多角的・実践的に検討することで、教育目的の新たなデジタルゲーム、とりわけオンラインゲームの開発と積極的な普及・利活用につなげることを目指します。

本シンポジウムは、日韓のオンラインゲームの教育利用研究を集約する、日本では初めて開催のシリアスゲームの国際学術シンポジウムとなります。研究者・ゲーム開発者・教師・保護者の方々をはじめ、デジタルゲーム、オンラインゲーム、シリアスゲームの研究・開発・ビジネスにご関心をお持ちの方々のご参加を、心よりお待ちしております。

東京大学大学院情報学環東京大学独立行政法人科学技術振興機構
日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)

▲このページのトップへ